(Git)簡単!GitHubの使い方。

昨今の開発となると必ずついて回ってくるのがこのGitHubです。

GitHubって何ぞって人に簡単に説明すると

1. ファイルのバージョン管理ができる。
2. 誤ったファイルの削除や更新を防げる。
3. いろんな人と簡単に共有できる。
4. ファイルのバージョン管理が厳密になり、グループワークに向く。

ざっくりとこんなメリットがあります。
(もっと詳しいことは他のサイトで書いてあるし割愛)

今回はそのGitHubの導入方法を忘れないよう記事にします。

1. 以下のサイトで会員登録をする。

 https://github.com/
 ※ユーザーIDと登録メールアドレス、パスワードを必ずメモしておいてください。

2. 会員登録が済んだら、画面右の「new repository」をクリックする。

3. 作成したいgit リポジトリの名前等を入力し、リポジトリを作成。
※リポジトリ作成時に初回Initializeを指定できますが、
手順が変わってしまうのでチェックはつけないでください。

4. 以下のコマンドでローカルディレクトリをgit化する。

cd <git化したいディレクトリ>
git init

5. コミットするファイルを選択する。初回なので全てのファイルを選択するように以下のコマンドを実行。

git add -A

6.以下のコマンドでコミットする。-m はそのコミットにコメントを残す機能で、ここの例では最初のアップロードということで first initialize としている。

git commit -m 'first initialize'

7. 以下のコマンドでアップロード先を指定する。

git remote add origin <gitリポジトリのURL>

※このURLは作成したgitリポジトリのページで確認できます。
例:https://github.com/<ユーザーID名>/<gitリポジトリ名>.git

8. 以下のコマンドでアップロードする。

git push -u origin master

以上で github の作成手順は終わりです。
ブラウザから作成したリポジトリを確認してみてください。
以降は手順7で指定したgit リポジトリのURLを指定すれば誰でもgitをローカルにコピーすることができます。

この記事へのコメント